モルタルが浮いてしまった時の補修方法にエポキシ樹脂注入工法があります。

 

エポキシ樹脂注入工法は浮いたモルタルを撤去しなくて済むため

  • モルタル撤去時の騒音がしない
  • 発生した撤去材の処分をしなくて済む
  • 補修日程が短縮できる

など多くのメリットがある工法です。

 

一般的に浮き注入工事は専門業者に依頼しますが
弊社ではどなたでも施工出来るように浮き注入に必要な材料を小分けで準備しています。

また浮き注入に必要な道具(ポンプやハンマー)をまとめたスターターセットも準備しています。

 

浮き注入工事は慣れれば難しい作業ではありません。

モルタル浮きが起きてしまいお困りの方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

詳しくは弊社までお気軽にご連絡ください。

 

浮き注入方法の詳細は下記動画をご覧下さい。