外壁塗装で押えておきたいオススメ塗料ベスト3

外壁塗装で押えておきたいオススメ塗料ベスト3

外壁塗装を行うときの悩みの一つに
いったいどの塗料を使ったら良いのか?があります。

ウレタン?シリコン?と業者の見積りには書かれていますが
何が良いのか悪いのか・・
また、塗料によって金額差があるけど・・
高い安い、性能がどれだけ違うのかはとてもわかりにくいですよね。

今回はそんな塗料について
多くの工事を行っている専門家の目線で
オススメ塗料のベスト3をお知らせしたいと思います。

 

高額塗料はベストな塗料ではない!?

オススメ塗料3位

無機質系塗料

最近塗料メーカーが力を入れているのが無機質系塗料です。
素材に石やガラスのように丈夫で硬い(劣化しにくい)材料が配合されているため
特に耐久性が高い塗料です。
私が一番長持ちする塗装工事をしようと考えたら無機質塗料を使う事になるでしょう。
メーカーの見解では耐久年数が20~25年とも言われています。
考え方の一つでは
一般的な塗料の2倍以上持つ計算なので塗装工事の回数が少なく済むことになります。
ただし塗料は永く持つがひび割れ発生時の問題、その他の部位が同じ年数持つのか?
といった問題点を持ち合わせているのも事実です。

オススメ塗料2位

フッ素樹脂塗料

高耐久性塗料の代名詞と言えるのがフッ素樹脂塗料です。
表面が強靱な塗膜のため汚れが付きにくく塗装の劣化も進みにくいのが特徴です。
日用品ではフッ素樹脂コーティングのフライパンが
こびりつきにくく表面が丈夫いなのをイメージしてもらえればいいでしょう。
特に屋根などは紫外線や風雨の影響を受けやすい部位なので
厳しい条件の場所にはフッ素樹脂塗料を選択するのも賢い選択です。
デメリットとしては単価が高くなります。ウレタン塗料と比べて1000円/㎡以上
仮に500㎡の外壁面積であれば50万も高くなる計算です。

オススメ塗料1位

シリコン樹脂塗料

近年の一番人気の塗料です。
以前シリコン塗料は高価な塗料の部類に属していましたが
汎用化しコストを抑えたシリコン塗料が多く出回るようになりました。
元来の高耐久塗料という位置づけからコストパフォーマンスの優れた塗料の
代表格となっています。
またデメリットというデメリットはあまり見当たらない万能な塗料でもあります。

選外

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料の魅力はなんと言ってもコストを抑えられることです。
安価なシリコン塗料と比較しても300~400円/㎡安くなります。
ただしその分耐久性もシリコン塗料より劣ってしまうのが難点です。
ウレタン塗料の耐久年数としては6~7年となります。
安価な塗料なので費用を抑えた工事に用いることも選択しに入りますが
耐久性の面からすぐにツヤが無くなるなど屋根や外壁塗料として用いるのはNG

まとめ

一時期塗料メーカーも
高耐久性塗料(高額な塗料)に力を入れてきましたが
一般ユーザーにはあまり受け入れられていません。
今は金額と性能のバランスの良い塗料がよく使用されています。

費用対効果という言葉通り
いくら塗料単体が優れていても長い目で見た工事全体として
コスパに優れているかどうかが大事だと言うことです。

一つ言えることは
工事の善し悪しは塗料の種類ではなく
適材適所の塗料を選択し規定通りの塗装作業を行うことだと思います。

塗料の選定は業者任せになってしまいますが
ちょっとした基礎知識として覚えていただき
塗装工事の際の参考にしてくださいね。

弊社でも塗料を吟味した塗装工事を行っています。よくある質問

外壁塗装についてのご質問、ご相談は下記まで。

SHARE