外壁塗装工事での住人トラブルと対応策!

外壁塗装工事での住人トラブルと対応策!

アパートやマンションの外壁塗装工事で一番避けたいのは住人とのトラブルです。

いくら大家さんが気をつけてもトラブルは起こってしまう場合があります。
工事による住人トラブルで最悪退去なんてことになったら目も当てられません。

今回は外壁塗装工事で起こりうる住人トラブルとその対処法についてご紹介したいと思います。

 

こんな住人トラブルが起きる!

・塗料の臭いで体調を崩した

塗料の臭いが室内に充満し体調を崩したと訴え出られたことがあります。
すぐに作業をやめて窓を開放し換気をしましたので大事には至りませんでした。
塗料中のシンナーのツンと鼻をつく臭いが部屋に充満すると
健康な方でさえ気持ちが悪くなってしまいます。
また塗料に限らずシーリング防水工事の接着剤の臭いも問題になります。

・駐車場の車に塗料が飛んだ

隣接した駐車場の車に塗料が飛んでしまったことがあります。
一度付着してしまった塗料は通常の洗車では落ちません。
修理工場でポリッシャー洗浄をするか車の全塗装し直すことになります。
全塗装の場合数十万から百万単位の高額な修理費用がかかります。
通常は塗装工事中は止まっている車にビニールシートをかけます。
しかし風が強い日などは飛んだ塗料が逆に巻き込んでしまうこともあります。

・部屋の中がビショビショに

外壁洗浄の際、開いた窓や換気口から室内に水が入ってしまうことがあります。
高圧洗浄は勢いがあるため洗っている作業員も気がつきにくいです。
漏水してしまうと室内壁のやり替えや場合によっては家財道具の賠償など
高額な費用がかかる恐れがあります。

 

トラブルにはこう対策しよう

・事前アンケートやお知らせをなどを小まめに行う

工事に取りかかる前の事前アンケートや予定を
住人の方へ小まめにお知らせするようにしましょう。
きちんとお知らせをしておけばみなさん協力してくれます。
工事を突然はじめてしまうなど
一方的な作業となって迷惑を掛けない配慮が必要です。

・工事管理は元請け会社が行う

住人との対応や工程管理は元請け会社が行うようにしましょう。
万が一トラブルがあった場合でも元請け会社がすぐに対応できれば
被害は最小限に食い止めることができます。
下請け会社に作業を丸投げするのは禁物です。

・工事保険に加入している

工事で起きたトラブルに対応できる工事保険に加入しましょう。
いくら注意をしてもトラブルは起きてしまう場合があります。
また賠償費用が高額ということもあります。
工事会社が保険に加入していればそれを使うことができます。

 

まとめ

外壁塗装工事での住人トラブルと対処法をご紹介しました。
起きてしまうトラブルの主な原因は工事会社の管理の問題にあります。
万が一トラブルが起きてしまったら
入居のお客様が不快に思うだけで無く大家さんへの不信感で
最悪退去にもなりかねません。
そのためにも外壁塗装工事を行う場合には
費用、技術に加えて安全管理面にも注意している工事会社を
選ぶようにしてくださいね。

SHARE