緊急!マンション雨漏りの原因と予防法

緊急!マンション雨漏りの原因と予防法

マンションの劣化で多いのが雨漏りです。

しかし雨漏りが起きて頭を悩ませているにも関わらず
皆さん、ちょっとした雨漏りなら我慢してしまいます。

雨漏りは我慢し放置すると劣化が広がり
放置するほど修理費用もふくれ上がってしまいます。

余計な費用を掛けないために早めに対処しましょう。
今回はそんなマンション雨漏りの原因と予防法についてご紹介します。

 

雨漏りの3大原因を追跡!

原因1屋根防水(屋上防水)

漏水で一番多い原因は屋上防水の劣化です。
劣化部分は側溝部分に多く見られます。
側溝は常に水が流れる場所でありその溜まった水が劣化を早めます。
また側溝はゴミも溜まりやすく余計に劣化を早める原因となっています。
屋上防水を調査していると
側溝の防水の中にすっかり水が入り込みタプタプになっている症状を見かけます。
こうなると側溝の防水を全面剥がすなど修理は大がかりになってしまいます。

原因2シーリング

外壁に面した窓サッシ周囲のシーリングから漏水することも多くあります。
ベランダ側ではない出窓などのサッシに多く見られます。
シーリングは日差しなどの紫外線で劣化します。
紫外線で表面が徐々に硬くなり、ひび割れ、破断します。
シーリングは防水の上で重要な部材なのですが
痛みやすいという要素を持っているため注意したい部分です。

原因3ひび割れ

建物に使われているコンクリートは時間の経過と共にひび割れが発生します。
ひび割れ幅が大きくなるとコンクリートを貫通します。
貫通したひび割れに雨が入ると室内に漏水してしまいます。
ただしひび割れだけで漏水することは少なく
ひび割れと屋上防水やシーリングの劣化と一緒となり漏水する
パターンがほとんどです。
ひび割れは地震によって発生することもあるため
大きな地震の後に漏水するようになった時は一因として考えられます。

漏水を放置して起こる怖い事故

漏水を放置すると二次的被害に発展することがあります。
例えば、
・ひび割れから入った水で鉄筋が腐食しコンクリートが脆くなる・・
・天井に入り込んだ雨水が電気線に触れて漏電し停電する・・
・壁から入った雨水で断熱材に染みこんでしまい断熱効果が無くなった・・
・天井裏の漏水で絶えず湿った状態でカビが繁殖、異臭がすすように・・
と建物の劣化もさることながら日常生活や健康被害にまで及ぶ恐れがあります。
雨漏りは人にとっても天敵の存在となります。

雨漏り予備軍の危険シグナルを見逃すな!

二次的被害に発展させないために予防できるなら事前に行いたいところです。
漏水が大きくなる前の予防法を紹介します。

・外壁に白いシミが無いか調べる

外壁に白いシミ、汚れが付着していたら注意が必要です。
白いシミはコンクリート中の成分がしみ出している証拠です。
ひび割れの発生などが考えられますので対処が必要です。

・ベランダ天井のシミ、変色が無いか

ベランダで洗濯物を干す際など天井を確認してみましょう。
もしベランダ天井に以前は無かったシミ、汚れ、ふくらみなどが
あれば上階のベランダ床から漏水しているかもしれません。
タテ樋の周囲にも同様の症状が無いか見てみましょう。

・屋上防水面を定期的に歩いて確認する

屋上防水面は面積も大きいためやはり定期的な点検が必要です。
屋上全体を眺めるだけで無く歩いてみて
防水にふくれが無いか。
側溝にゴミが溜まっていないか。
排水溝に水が溜まっていないか。確認しましょう。
普段、住人の方が行けない場所であれば管理人さんや管理会社に
定期的(半年に1度)確認してもらいましょう。

予防の極意は点検、調査

時間の経過と共にマンションが痛んでくるのは致し方ありません。

しかし突発的な修理が発生したり、計画以上の修繕工事なるのは
できれば避けたいところですよね
そのためにも日頃のメンテナンスや定期的な点検、調査が大切です。

管理をお願いしている会社さんでも
見落とす場合があるかもしれません。

その際は、工事会社に点検、調査をお願いするのも一つの方法です。
どの工事会社さんも無償で調査を行っていますので声がけしてみましょう。

SHARE