外壁が粉っぽい原因と修理方法を伝授!

外壁が粉っぽい原因と修理方法を伝授!

外壁をさわったら粉っぽい。
もし粉っぽいようであればそれは外壁塗装が劣化している証拠です。

粉っぽさの原因は”チョーキング”です。
チョーキングは見た目を悪くするばかりではなく
ハガレや漏水の原因にもなり得ます。

今回は
外壁が粉っぽい(チョーキング)原因と修理方法を紹介します。

外壁塗装にチョーキングが起きるのはなぜ?

外壁塗装にチョーキングが起きる原因は紫外線のせいです。

塗料は樹脂同士が強力に結合し塗膜を作っています。
その塗膜が強い紫外線によって徐々に分解され劣化していきます。

ちょうど日当たりの良い部屋のカーテンが変色し劣化していくように
外壁も紫外線によって塗膜が分解されることでチョーキングが発生しています。

紫外線の強いのは一日の中で昼頃です。
もっとも影響を受けやすい南側にチョーキングが多く見られるのではないでしょうか。

劣化の代表、チョーキングは時間と共に増えていきます。

一度チョーキングが発生すると時間の経過と共に程度や範囲は増えていきます。

いくらチョーキングを洗浄して取り除いても塗膜の劣化は
進んでいるため元通りには戻りません。
むしろ塗膜はどんどん薄くなりより塗膜の保護作用は薄れていきます。

もし
外壁塗装のツヤが無くなった・・
外壁に汚れが付きやすくなってきた・・

と感じた時はチョーキングによる劣化を疑いましょう。

チョーキングを根絶!浸透強化でピカピカの外壁

チョーキングや劣化が気になったら外壁塗装を行いますが
ただ塗り替えするだけでは不十分な工事になってしまいます。

仮に粉っぽいまま塗装をしても
下地がザラザラではいくら高価な塗料でもまったく意味がありません。

むかし学校の黒板にセロハンテープで紙を貼ろうとして
くっつかずににすぐに剥がれてしまった経験はないでしょうか。
チューキングした下地とまさに同じ状況です。

そんな粉っぽいチョーキング下地に応じた塗装のやり方があります。
それは専用の下塗り(ガッチリ浸透プライマー)を塗ることです。

通常の塗装でも下塗りは塗りますが
それは表面に塗膜を作って上塗りを塗りやすくするだけです。

ここでいう下塗り(ガッチリ浸透プライマー)は超微粒子が配合されているため
粉っぽい下地にちょうど砂浜に水をまくように染みこんでいきます。

ガッチリと下地が固くなってしまえば
あとは通常の下塗り~上塗りすることで強固な塗装にできます。

まとめ

外壁塗装が粉っぽいのはチョーキング現象であり劣化の始まりです。

チョーキングの劣化を避けることはできませんが
チョーキング劣化なりの外壁塗装のやり方があります。

できるだけ塗装のサイクルを延ばせるような工事のやり方で行って下さい。

外壁を毎日見ていると塗装の変化にはなかなか気がつきません。
そのような時は専門家に定期的に点検、調査してもらうなどしましょう。

そして塗装工事も下塗りを吟味する工事ぎょうさんに依頼して下さい。

弊社でも下塗りに関する各種相談に受け付けております。問い合わせ

現地調査、お見積もりも無料で行っております。
遠慮無く下記までご連絡ください。

SHARE