彩洗い出し工事2

彩洗い出し工事2

こんにちは横山です。

最近、カラダの硬さが気になりだしました。

ちょっと座っている姿勢が長いと立ち上がった時に背中、腰がバキバキな感じです。

冬は特に車の移動やなど座っている時間が長いからでしょうか。

そんな時は柔軟体操が良いらしいのでまずはストレッチからやっていきたいと思います。

彩洗い出し工事 続き

前回に引き続き彩洗い出し工事の続きをご紹介します。

 

目詰め材の施工

樹脂舗装が完全に硬化したのを確認し目詰め材の施工に入ります。

 

目詰め材の流し込み

ゴムレーキを使って素早く塗り広げます。

 

目詰め材のかき出し

広げ流してから5分~10分後、
目詰め材の余剰分を彩目詰ゴテ、またはゴムゴテのフチを使ってかき出します。

※かき出しが不十分だとムラになるため均一にかき出します。

目詰め材の拭き取り

30分~1時間経ち石の表面が白くなったら表面の目詰め材を拭き取ります。

水を付け固く絞ったスポンジで拭き取り。

仕上がりに重要な工程なので丁寧に拭き取ります。

仕上げ拭き

仕上げ拭きは乾いたスポンジ、ウエスで石の表面についた目詰め材のセメント粉を拭き取って仕上がりです。

 

完了写真が撮れていなかったので完成はまた次回ご紹介しますね。

和風な店舗にマッチした仕上がりが楽しみです。

 

彩洗い出しはDIYページで詳しくご紹介しています。

そちらもご覧になってみてください!

 

SHARE